電話 熊本県熊本市北区楠8丁目17-27 (MAP) 

未来を創る創造力

未来を創る創造力

2020年12月07日 お知らせ

甲斐土木工業株式会社では、令和2年11月30日(月)から12月4日(金)までの5日間、高等学校の土木科の学生を業界研究・企業研究の一環でインターンシップ生として、受け入れました。
 ご参加いただきました学生さん、本当にありがとうございました!
インターンシップ生の声
【Aさん】

◎実習内容(学んだこと)
 この実習で学んだことは、土木に関する仕事はたくさんの種類があるということです。今回の実習では、道路整備、水道管布設、液状化防止工事などを研修しました。中でも下水道の調査にTVカメラ車という機械(車)が使われていたことに驚きました。機械の先にカメラがついており、その機械を下水道に入れ、車の中の機械でラジコンのように動かし真っすぐの水道管を機械は前後の動きをして、カメラは上下左右360°回転します。初めて拝見し操作してみて土木にもこういう仕事もあるんだと実感しました。それと会社だけで仕事をするのではなく下請などで知らない人と作業したりすることが多いと思うので、このインターンシップを通してコミュニケーションのとり方も大切だと思いました。
◎感想および反省点
 普段、工事の現場などを見る機会がないので、この職場体験を通して職場の雰囲気、作業の流れなどをみることができたので良かったです。その現場によって違う作業、危険性があり、それらをなくすために作業員一人一人が注意し合うことが安全第一に繋がることだと感じました。自分が実習を通して変化したことは、その現場に置かれている看板を見るようになったことです。車で通りかかったときに何の工事をしているかがとても気になるようになりました。この体験がなければ、その看板も見らず、工事の内容も分からないままだったので、このインターンシップからたくさんの楽しみが増えたと思います。道路の整備工事でちょっとした作業が一生残るものなのでそういった体験ができてよかったです。とても充実した1週間になったと思います。

2018年12月12日 お知らせ

 甲斐土木工業株式会社では、平成30年12月3日(月)から7日(金)までの5日間、高等学校の土木科の学生を業界研究・企業研究の一環でインターンシップ生として、受け入れました。
 ご参加いただきました学生さん、本当にありがとうございました!
インターンシップ生の声
【Aさん】

◎実習内容(学んだこと)
 5日間のインターンシップでたくさんの現場に連れて行っていただき、色々なことを学びました。道路では、上水道や下水道の水道施設工事を行っていました。上水道の工事では、古くなった管を新しい管に替えていました。上水道を新しい物に替えると半永久的(100年くらい)に持つと聞いて驚きました。下水道の工事では、住宅に下水道をつなげていました。住宅につなぐ際に狭かったりすると機械で掘削することができず、人力で掘削すると言っていました。河川では、法面保護をしていました。法面保護では、斜面にはGカタマ、天端にはカタマSPを使うそうです。普通のコンクリートと比べて1/3の値段だそうです。
◎感想および反省点
 インターンシップ5日間で色々なことを学びました。土木業界では、若い職人がどんどん減少している事を聞きました。甲斐土木工業の方が言っていた「誰かが土木の仕事をしないと生活ができない。」という言葉を聞いて、まさにその通りだなと思いました。今後、自分がどんな仕事に就くのか分かりませんが、なるべく土木業界にいたいと思いました。
 自分は、大人としゃべるのが苦手でした。しかし、担当者の方をはじめ、甲斐土木工業の人達としゃべって行くなか、苦手を克服できたと思いました。

【Bさん】
◎実習内容(学んだこと)
 今回のインターンシップを通して、色々なことを学ぶことができました。上下水道の工事では、ただ穴を掘って水道管を通すだけでなく、他の管を傷つけないようにとても繊細に大きな重機で掘削していてとても驚きました。他にもTVカメラ車やバックホウ、ブロック積みなどいろいろな体験をさせていただきました。経験を生かしたとても分かりやすい説明と的確なアドバイスをいただき、教科書やパンフレットでは、少し分かりにくいこともたくさん知ることができました。いろんな方が言われるように最後はやはり経験なんだと心から感じることができました。
◎感想および反省点
 この5日間を通して土木についてもっと興味が湧きました。いつもの聞くだけの授業では、イメージもつかず、あまり興味も湧きませんでしたが、このインターンシップで、実際に自分で体験するときついイメージのあった作業もとても楽しく行うことができました。「土木の仕事は、同じ現場などひとつもない。だから面白い。」という言葉は、とても心に残りこういう仕事も良い事がたくさんあるなと感じました。
 最後に、このインターンシップに協力してくださった甲斐社長をはじめ、自分の仕事を犠牲にしてまで5日間いろいろな所に連れて行ってくださった担当者の方や現場で丁寧に説明してくださった社員の皆さん、本当に5日間ありがとうございました。この経験を生かして、熊本の土木業界を支えられるように精一杯頑張ります。

2018年05月24日 お知らせ

甲斐土木工業株式会社では、12月4日(月)から8日(金)までの5日間、高等学校の土木科の学生を業界研究・企業研究の一環でインターンシップ生として、受け入れました。
ご参加いただきました学生さん、本当にありがとうございました!
インターンシップ生の声
【Aさん】

◎実習内容(学んだこと)
 今回、5日間のインターンシップでたくさんの現場に連れて行っていただき、色々な事を学ぶことができました。河川工事では、地震で被害を受けた堤防の修理を行っていました。堤防のブロックを1個ずつ取りはずして、盛土をしたあと、また1個ずつ戻すという作業でした。水道工事では、下検査をしたりしていました。マンホールの中に入って高さを測ったり、中の検査をしたりしていました。マンホールの中を見るのは初めてで、とても深かったので驚きました。他にも、テレビカメラ車では下水道の管の中をカメラで撮って異常がないか確認したり、マンホールの中や下水道の管の中を、水圧できれいにするという洗浄車がありました。
◎感想および反省点
インターンシップを通して、仕事の内容などたくさんの事を教えて頂きました。現場にもたくさん連れて行ってくださり、土木の仕事は大変な仕事だなと感じました。阿蘇や益城の現場に行った時は、道路が1~2mくらい沈んでいてとても驚きました。また、工事で使う機械も実際に操作させてもらったので、とても良い経験になりました。
今は少子高齢化が進んで、土木の仕事に若い人が少ないとおっしゃっていたので、もっと勉強して土木の仕事に就職し、役に立てるように頑張りたいと思いました。
5日間、お忙しい中、私達を色々な現場に連れて行ってくださり、本当にありがとうございました。

【Bさん】
◎実習内容(学んだこと)
5日間を通して、色々な現場に連れていっていただき、色々な仕事内容や、仕事の大変さ、社会のことや土木に関すること、他にも豆知識などを教えてくださって、幅広く学ぶことが出来ました。土木の中でも、河川工事や下水道工事、道路の工事、災害復旧工事など色々なものがあり、それぞれにやり甲斐があって、人間が当たり前に暮らしていく中で、もっとも欠かせないのが土木の仕事なんだなと思いました。当たり前に通っている道路も、当たり前に使っている水や生活排水なども管理していて、とても大事な仕事だと思いました。また、若い人が減ってきているのも事実だなと感じました。
◎感想および反省点
インターンシップでは、実際に作業することはありませんでしたが、様々な現場に連れて行っていただき、特に印象に残ったのは下水道の工事でした。職場の皆さんが泥だらけになりながらも、マンホールの中に入っていって作業をされていて、実際に生活の排出物が流れてくることもあり、とても大変な作業だけど、誰かがやらないといけないと言っておられ、その通りだなと思いました。他にも、社会に出てから勉強することの方が多く、学校の勉強はあくまでも基礎と言われ、今までは就職したら勉強しなくていいと思っていましたが、そうではない人だなと思いました。私は、将来土木に関する職業に就きたいと思っているので、とても良い経験になりました。

2017年06月01日 採用情報

採用情報ページの情報を更新いたしました。
 

2017年06月01日 お知らせ

平素は、格別のご厚情にあずかり深く感謝いたしております。

この度甲斐土木工業株式会社のホームページを開設させて頂きました。
当ホームページでは、会社概要をはじめ、業務内容、施工実績など幅広く弊社を紹介する内容となっております。

今後も皆様にとって使いやすいホームページを目指して、内容を充実してまいりますので末永くお引き立て頂きますようお願い申し上げます。

2017年6月
甲斐土木工業株式会社

通信中です...しばらくお待ち下さい